M&Aを利用するメリット|後継者探しの助っ人

男の人と女の人

色々なスキームがあります

M&Aのメリットには売り手と買い手に共通のものとして、販路の拡大や技術融合等があります。買い手側としてM&Aに関する情報を収集しようとするのであれば、仲介会社や金融機関に相談することから始めるとよいです。

握手

楽に仕事をしよう

事業承継を検討しているのであればM&Aも選択肢に入れておきましょう。M&Aには事業をスムーズに引き継ぐことができるというメリットの他に、経営者に精神的、経済的ゆとりを持たせることができるというメリットもあります。

婦人

簡単な手続き

株式譲渡によるM&Aは、買い手にとっては、スピーディーに経営権の移転ができるというメリットがあります。一方で、売り手にとっては、創業者利益としてまとまった現金を受け取ることができるというメリットがあります。

事業を補完しあえます

レディ

ここ数年で、M&Aのイメージが変わってきました。以前は、M&Aには攻撃的なイメージがありましたが、最近では買い手と売り手が力を合わせてお互いの事業を補完しあい、売上を伸ばしていくための手段として考えている人が多いです。この背景には、売り手側の経営者や従業員がM&Aにより他の会社と一緒になっても今までと同じ状況かそれ以上の待遇になっているケースが増えていることが挙げられます。売った側の会社に不満が少ないということが良いイメージを醸成しているのです。M&Aの件数が増えてきていることから、買い手側にもM&A後のスムーズな事業運営を行うためのノウハウが蓄積されつつあります。この経験者が増えてきたということも、M&Aで買い手も売り手も満足のいく結果を残すことができているという要因の1つと言えます。会社の売却を考えているのであれば、まずは仲介会社に相談をしてみるとよいです。仲介会社ではM&Aのメリットもデメリットも教えてくれます。そしてデメリットをなるべく潰して、より多くのメリットを作って事業を譲渡する手伝いをしてくれます。また、どんなに小規模な会社でも買い手を見つけてきてくれます。なお、売り手におけるM&Aのメリットは従業員や得意先を引き継げるということだけではありません。買い手側の販路を使って自社の製品をより多くの人に届けることができたり、自社の技術と買い手側の技術を融合させて新たな製品を生み出したりすることができるということもメリットとして挙げられます。