M&Aを利用するメリット|後継者探しの助っ人

色々なスキームがあります

男の人と女の人

M&Aの定義は、ある会社が他の会社を所有したり支配することを目的とした行為であり、売り手から買い手に経営権が移転することです。M&Aを理解するためには、この定義をしっかりと押さえておきましょう。M&Aは企業買収と捉えられることが多いですが、細かく分けると合併、買収、会社分割、資本提携といったスキームがあります。そして、それぞれにおける手段がさらに細かく分かれていくことになります。各スキームにメリットがあるので、どのスキームを使うかは、その案件の目的や買収規模などによって異なってきます。M&Aを実際に行う際には、まずは情報の入手から始まります。情報の入手手段としては、2つに分けられます。1つは売り手のファイナンシャルアドバイザーから案件を持ち込まれるケースです。もう1つは買い手側から積極的に案件情報を探るケースです。買い手側として、積極的に情報を収集しようとしているのであれば、M&Aの仲介会社や金融機関に相談をしてみるとよいです。M&Aの候補が見つかったら、秘密保持契約書を締結して、情報の一部を公開します。そして、本格交渉に臨みたいとなったら、基本合意契約を結び、デューデリジェンスをし、最終的な買収価格を決め、代金決済となります。買い手側におけるM&Aのメリットは事業規模の拡大や新事業の迅速な立ち上げ等です。一方で、売り手側のメリットは経営状況の安定化や従業員の雇用維持等が挙げられます。そして、両社に共通のメリットとして販路拡大や技術融合等が考えられます。