M&Aを利用するメリット|後継者探しの助っ人

簡単な手続き

婦人

M&Aの手法には、合併や第三者割当増資、株式交換、会社分割など、様々なものがありますが、株式譲渡によるM&Aが最もシンプルです。株式譲渡によるM&Aは、大枠では株式譲渡契約を結び、売り手が持っている株式を買い手に渡し、代金の決済をするという流れになります。買い手における株式譲渡によるM&Aのメリットは3つあります。1つ目のメリットが手続きが簡単で早いということです。事業譲渡とは異なり、会社を丸ごと引き継ぐことになるので、事業の切り分けや契約変更の手続きが必要となりません。そのため、スピーディーに経営を引き継ぐことができます。2つ目のメリットは法律上別組織であるため、親会社とは別組織として運営することができるという点です。一定の独立性を持たせることができるので、業績の把握なども簡単に行えます。3つ目のメリットは持ち株比率を柔軟に設定できるという点です。株式を100%保有することにより完全子会社にすることもできますし、一部を保有することにより、関係会社や持ち分法適用会社とすることもできます。一方、売り手側におけるメリットもあります。その1つが創業者利益を手にすることができるという点です。株式譲渡の場合には現金決済が行われます。売り手側の株主はまとまった現金を手にすることができます。また、株式譲渡の譲渡益にかかる税率が低いということもメリットと言えます。上場企業の場合、株式譲渡によるM&AはTOBやMBOといった形で行われるケースもあります。