M&Aを利用するメリット|後継者探しの助っ人

楽に仕事をしよう

握手

事業承継を考えるのであれば、親族や優秀な従業員に経営権と資本を譲るという選択肢の他に、M&Aにより第三者へ売却するという方法もあります。この方法は、親族や従業員に経営者になるほどのスキルがない場合にとても有効です。経営者の器ではない人が経営権を引き継ぐと、その後、事業基盤が大きく崩れることもあり得ます。特に、現在の経営者がワンマン社長であるような場合には、経営交代と共に業績が悪化してしまうことが少なくありません。しかし、M&Aで大資本企業の傘下に入ったり、同業他社に買収してもらったりすれば、大きな混乱を起こすことなく事業を継続できる可能性が高くなります。M&Aには、事業のスムーズな移行ができるというメリットの他にも、売り手経営者にとってのメリットがあります。それは、経営者には多額の退職金が支払われるということです。小さな会社の経営者であるほど、自らの退職金を考えていないケースが多いです。しかし、事業を長いこと営んできた功績は計り知れません。自分自身に退職金を支払うことは当然の権利と言えます。M&Aになれた買い手であれば、このことをきちんと理解していてくれます。また、経営権を譲り渡したからといって必ず会社を去らなければならないわけではありません。会長や顧問としてそのまま残ることもできます。経営権を譲り渡すことで気楽な気持ちで仕事を続けられます。会社を売るということは従業員や買い手にメリットがあるだけでなく、売り手の経営者にもいくつもメリットがあるのです。